生命保険の手帖 > 生命保険の基礎 > 生命保険の契約者貸付は返さないとどうなるの?

生命保険の契約者貸付は返さないとどうなるの?

契約者貸付制度は、解約返戻金の90%前後まで貸付を受けられるという制度です。 保険種類などによっては、利用できない場合があります。

加入時の予定利率に所定の手数料がプラスされ、1年毎の契約応答月に利息が元金にプラスされます。

借りたお金は、その全額または一部をいつでも返済できます。 返済方法は、口座振替、ATM、ネット、振込用紙等があります(保険会社による)。


そのまま返さなければ、解約返戻金の範囲内であれば、保険金支払い時(満期保険金、死亡保険金など)、あるいは契約転換、解約時に、貸付金元金と利息が差し引かれて支払われます。

定期保険特約付終身保険の場合は、途中で貸付金+利息が解約返戻金を上回り結果失効となる場合もあるので注意が必要です。限度額超過判定後、超過が確定している人には保険会社から案内が行きます。記載されている超過額を期限内に支払わなければ失効します。

保険見直し無料相談