生命保険の手帖 > 生命保険見直し > 定期保険

定期保険

定期保険は‘定期預金’‘定期貯金’のようにお金が貯まりそうなイメージだが、ここで
言う定期は定まった期間を強調した‘定期券’の定期である。
定期券は期限が切れると自動改札機が閉まってしまう。
定期保険も定めた期限が過ぎると保障がなくなってしまう。
毎月払っていたお金は(積立てあったお金)ゼロになってしまう、いわゆる掛け捨てである。

この保険!高い保障額が必要な家庭に合った保険であるが、掛け金が安いことに要注意である。


掛け捨てが悪いのではないが、10年から15年で更新していくタイプが多いため、
更新毎に保険料が倍近く上がることに要注意である。

例えば30歳の男性が100万円の終身保険に10年更新タイプの
4900万円の定期保険を特約でつけて合計5000万の死亡保障に加入した場合。
(保険期間を60歳にする場合)

最初の10年は約11,000円の保険料だが、同じ保障額を40歳で更新するとした場合、約20,000円となる。更に10年後の50歳で同じ保障の定期保険を継続して特約でつけた場合、約41,000円となる。
60歳までの保険期間であるため、定期保険の更新はもうできない。
残る保障は終身保障の100万円だけとなる。

30歳から60歳までの30年間払った保険料の払いこみ総額は約860万円となる。
100万円の終身保障を得るために、4,900万円の定期保険は付けたとしても、約760万円を掛け捨ててしまった結果となる。この掛け捨て部分を貯金していたら、しかも運用型の変額保険にしていたら、どれだけお金が増えたいたのだろうか?

また、果たしてこの場合、5000万円の保障をずうっと60歳まで続ける必要があったのだろうか?
保障はそれぞれ違い、しかも長生きすればするほど、保障は年々少なくて済むはずである。
また、残った100万円の終身保障は十分か疑問である。

葬式は最低300万円が必要と言われている中、最後のイベント(葬式)のために終身保障をもつ人がほとんどである。
100万円の終身保障が必要とした考えで入ったのだろうか?保険料を主にして保障額は二の次でなかっただろうか?
終身保険と定期保険の組合せがほとんどである生命保険商品に対して良く先々のことや必要保障を考えて加入する必要がある。

① 保険料は上がるの?
② 保障はいつまで?
③ 全部でいくら払うの?

これらを良く考えることが大切である!

保険見直し無料相談