生命保険の手帖 > 生命保険見直し > 養老保険

養老保険

養老保険は名前のとおり「老後を養う」。自助努力の時代。とても心強いものである。
自分の老後のために養老保険に加入することはとても大切である。
養老保険は保険期間中に死亡・高度障害保障がついている。(もちろん保険だから)。
また、満了になると保障額と同等金額が受け取れる。死亡しても生存していても受け取れる保険である。人は生存していてお金が受け取れる方が良いに決まっている。そのお金で老後の原資にすることは、この年金問題の時代には絶対必要である。

定率定額型の養老保険と変動率変額型の養老保険がある。
定率の場合は加入した時点で保障額と受取額が確定しているので、リスクは生命保険会社が担っている。

例えば、30歳男性が60歳満期の1,000万円の定額養老保険に加入する場合、月額約26,000円の保険料になり、60歳まで1,000万円の死亡・高度障害の保険に加入することになる。60歳になり満期を迎えると1000万円が受け取れる。払込保険料は総額936万円。それに対して1,000万円受け取れることになる。
保障を受けながらお金が貯まっていく画期的な保険の一つである。

30歳男性が60歳満期の1,000万円の変動率変動型養老保険に加入する場合、月額約21,000円の保険料となり、1,000万円の死亡・高度障害保障の保険に加入する。
払込保険料総額は756万円。変動率変動型で違うのは、満期生存保険金が利率3.5%で1,000万円を受け取れるが、7%で運用した場合は、複利になるので約1,900万円にもなる。
元本保証やある限度までの利率保障は無い。
リスク約2%を背負うことで運用によっては受取金を倍受け取れる変動率変額型養老保険である。

今後の自助努力による資金づくりには欠かせない保険であることは否定できない。保障を得ながら貯蓄していくことはまさに今の時代にあった保険と言える。
あなたは定額派?変額派?
保障は掛け捨てで良い!と言っているあなたはどう思う?

保険見直し無料相談